心臓病

母乳の出方にも作用する?

妊娠する少し前から、妊娠初期にかけて、葉酸の摂取は特に推奨されています。
この時期に葉酸を摂ることは、胎児の先天異常のリスクを減らしてくれるとして、注目されているからです。
そして、無事に赤ちゃんが産まれた後は必要がなくなる…というわけではないのです。
赤ちゃんにとって大切な食事となる母乳にとっても、葉酸は非常に大きな力を発揮してくれます。

まず、母乳の成分について考えてみましょう。
母乳とはもともとお母さんの血液です。
血液が乳腺を通り、赤ちゃんが吸うことによって母乳となって出て来てくれます。
そして、葉酸とは造血のビタミンです。
血液の原料となる鉄分を助け、良質な血液を作り出すために働いてくれるのです。
つまり、母乳のもとを作るサポートをしてくれるわけですね。
妊娠中ほどではありませんが、授乳期間中も葉酸の摂取目安量は通常時より高く設定されています。
厚生労働省では、授乳中は1日280μgの摂取を推奨しています。
ちなみに通常時は240μgとなっています。
産まれたからといって摂取をおろそかにしては勿体ないです。
せっかく出来た習慣を継続し、出来るだけ日々の食事で不足しないように気をつけることが大切ですね。

また、単純に血液を作り出すだけではなく、葉酸は血液の流れや質を良好に保ってくれる働きもあります。
これにより、血行も良くなり、母乳が出やすい体質にもなってくれるのです。
いくら母乳のもととなる血液がたくさんあっても、きちんと流れてくれないことには母乳も詰まってしまいます。
新陳代謝を良くして血液をサラサラにすることで、赤ちゃんにとっても栄養価の高い母乳が作り出されるというわけです。

妊娠中に厚生労働省が求める葉酸摂取量は、400μgとかなり高い数値となっています。
そのため、食品だけでの摂取は難しく、サプリメントを併用するケースも多く見られます。
授乳期間中はそこまで多い量ではありませんので、出来るだけ食事を充実させての摂取を心がけたいものですね。