心臓病

葉酸の過剰摂取は危険?

葉酸が身体に良いから~と、どんどん摂っていたら過剰摂取になってしまった、というケースも中にはあります。
しかしこういったケースは、大抵の場合身体への吸収率が高い合成サプリメントを服用していることが多いようです。
さらにいうと、サプリの服用方法を誤っている場合がほとんどです。
食品から葉酸を摂取する場合や、信頼できるサプリメントをきちんと用法・用量を守って摂っている場合は、過剰摂取についてそこまで心配することはないでしょう。

葉酸は、食品から摂ろうとした場合、身体への吸収率がかなり低い栄養素です。
食べた食品中に200μgの葉酸が含まれていたとしても、実際に身体に吸収されるのはその半分程度だと言われています。
さらに、水溶性であり、熱にも弱いため、食べる時には考えている数値よりももっと少なくなってしまいます。
食品からの摂取の場合、葉酸不足を心配することはあっても、過剰摂取についてはあまり心配する必要はないようです。

ただし、サプリメントについては注意が必要です。
1日に摂取すると良いとされる、葉酸の目安は成人の男性はおおよそ200μgで、成人の女性240μgです。ただし、妊娠をしている時には、2倍近い400μgの摂取が必要とされています。
葉酸は水溶性ビタミンと呼ばれる種類のため、多く摂取したとしても、尿として排出されるため、少しオーバーした程度では、問題はないといえます。
しかし過剰な量とされる1日に1000μgを超えてしまうと、身体が許容量が越えてしまい、排出する機能が追い付かなくなってしまうとされています。
食品からは困難であっても、サプリメントであれば簡単にこの量を摂取出来てしまいますね。
飲めば飲むほど良い、というものではなく、継続して毎日飲み続けることで身体に良い影響が出る栄養素です。
疲れやすいから、と多めに飲んだり、昨日飲むのを忘れたから、と2日分を飲んだりすることのないようにしましょう。

葉酸の過剰摂取で考えられる症状としては、ジンマシンやかゆみ、発熱など、過剰に身体が反応してしまうことが考えられます。
一種のアレルギー症状ですね。
また、葉酸の摂りすぎは亜鉛の吸収率を妨げることにもつながってしまいます。
特に妊娠中は、どちらも赤ちゃんの成長にとって大切な栄養素です。
互いに悪い影響を与えることのないよう、必要以上の摂取は避けるようにしましょう。