心臓病

世界で推奨する妊娠中の葉酸摂取量

妊娠中の女性に対し、現在では世界の様々な国で葉酸の摂取が推奨されています。
というのも、多くの研究結果により、葉酸が胎児の先天異常のリスクを減らしてくれる効果があると分かってきたからです。
特に妊娠が発覚する少し前から、妊娠初期にかけての期間は、胎児の神経系が形作られる大切な時期となります。
この時期に、普段よりも多く摂取することが求められているのです。

ちなみに日本はその他の国に比べて葉酸への認識は少々遅く、はっきりと国が推奨し始めたのは最近の話です。
日本でも、先天異常にかかる胎児が徐々に増え始めてきた結果かと思われます。
厚生労働省は、2002年から母子健康手帳に妊婦さんへの葉酸摂取を推奨する記載を決定しています。
こちらは任意記載事項といって、掲載を決定するのは最終的に各市町村となりますが、現在多くの市町村がそのまま記載を続けているようです。

厚生労働省が推奨する妊婦さんの1日あたりの葉酸摂取量は、400μgです。
通常時の女性への推奨量が240μgですので、約1.5倍もの量となります。
ちなみに、産後の身体にも葉酸は有効な栄養素となります。
産後の推奨量は280μgです。
通常時であれば、少し意識して食事内容に気を使えば確保できる量ですが、妊娠中は少し難しくなってしまいますね。
妊婦さんに必要な栄養素は葉酸だけではありませんし、それにばかり目を向けて、他の栄養が不足してしまっては大変です。
基本的には、バランスの良い食事をすることが身体にとっては1番となります。
あまり難しく考えず、色々な食品からの摂取を心がけましょう。

妊婦さんの場合、確実に葉酸を摂取するためにも、サプリメントの使用をお勧めします。
食事からだけでは必要量が摂取出来ているか分からず、不安が残る場合は、サプリメントで確実に栄養を手に入れる方法も良いですね。
これによって、いたずらに妊娠中の不安を増やすこともなくなるのなら、精神的にも安心出来ます。
ただし、過剰摂取にならないよう、用法・用量はきちんと守って服用しましょう。
いくら身体のためになる栄養素とはいえ、飲み過ぎは危険な場合もありますので注意して下さい。